• キッチンから消費者と地球をつなぐ情報誌 Kitchen Love the Earth(キチラブ)

  1. ホーム >
  2. アイテム >
  3. サステナブルで しかもオシャレ!   キチラブ的おススメのエ・・・
エシカル ファッション メガネ
  • 今注目のエシカルファッションをピックアップ♪
2021.05.2

サステナブルで しかもオシャレ!   キチラブ的おススメのエシカルメガネご紹介

  • シェア

今、アパレル業界を中心に注目されている「エシカルファッション」。エシカルといえばオーガニックコットンやリサイクル素材のシャツ、ローカルメイドで地域に根差したクラフトバックなどを思い浮かべるオシャレなキチラブ読者も多いのでは。キチラブでも羊の毛とオーガニックコットンを使った日本初の天然素材フリースを以前ご紹介しました。


今回はサステナブルな素材を使う「PLAGLA(プラグラ)」のメガネをピックアップ!
フレームは日本国内でリサイクルされたペットボトルが原料になっています。
カジュアルなコーディネイトなどにもおススメなPLAGLAのメガネは今注目のアイウエアブランドの一つです^^
エシカルがおしゃれになってきているこの頃、サステナブルなメガネで毎日を楽しんでみては?
オシャレ好きなキチラブ読者 必見のメガネブランドご紹介です!

2本分のペットボトルが1本のメガネに

 

シンプルなデザインで仕事にもお出かけの時にもあう「PLAGLA」のメガネは、サーフィンをする海にあるゴミのビーチクリーンなどがきっかけで作られたアイウェアブランドです。
メガネ1本に500mlのリサイクルペットボトル2本分を使って作られています。

エシカルファッション メガネ  
PLAGRA プラグラ

専用ケースもリサイクルの紙を使用。レンズ拭きもリサイクル素材を使っているのもいいですね!
ケース含めてシンプルなデザインで男女問わず使いやすそうです♪

レンズの部分は自然に還る生分解性バイオポリマーという素材の「BD8 BIO LENS」というレンズを使用。
土や海にいる微生物によって二酸化炭素、水、バイオマスに生分解されるレンズです。
レンズが土壌や海といった環境におかれると、10日前後で生分解がはじまり5年以内に完全に分解されて植物の天然肥料になるそう。バイオ素材のレンズです。

レンズは世界的な検査機関Intertekでのテストもクリアしているとのこと。
紫外線を99%カットできるのもいいですね^^
仕事使いでも 日常使いでもおしゃれに活躍してくれそうです!

エシカル ファッション メガネ 
海 

町をはじめとして、陸から雨や風で川を通し、海に流れ着くプラスチックごみ。
サーフィンをする海岸でみんなが楽しく遊べる綺麗な海にしようとビーチクリーンをする一方で、それ以上に海に流れてくるプラスチックごみ。「ゴミ自体を減らす努力をしなければこの問題は解決しない」との考えと、リサイクル技術を駆使して人と地球環境に役立つ商品を作りたいとの思いからPLAGLAのメガネはできました。

エシカルファッション メガネ  
ビーチクリーンの様子


使い終わった後のフレームは食器トレーなどにもう一度リサイクルが可能です。
売り上げの一部は公益財団法人「海の羽根募金」に寄付されています。

フレーム生産者の想いもバトンにつないで

エシカルファッション メガネ 生産地のメガネフレーム
福井県鯖江市でつくられるメガネフレーム

メガネの世界的産地・福井県鯖江市でリサイクルプラスチックを使ったフレームは作られています。
製造元工場、ご担当者のお話によると試作段階で約3万個のフレームを作ったそう!
メガネに必要な弾力性、曲弾性を持たせることや、屋外に置いた時の紫外線や雨風などに対する劣化試験をクリアするために相当な試行錯誤をされたとのこと。

フレームの製造メーカーのご担当者は以前から途上国へ海外支援を行い、このことがきっかけの一つとなってリサイクルプラスチックの製品作りを始めたそうです。現地のゴミ捨て場には毎日大量のごみが廃棄され、そのゴミが化学反応しメタンガスで煙が上がっている様子や貧富の差などを直に目にしてきました。
子供たちにも綺麗な海や自然を残していきたいという想いで作られるフレーム。「生産者の想いも受け継いで、消費者にバトンをつないでいくのがブランドの役割だと思っています。」とPLAGLAの柾木さんは言います。

エシカルファッション メガネ

PLASTIC(プラスチック)とGLASSES(メガネ)=「PLAGLA」(プラグラ)
ペットボトルもプラスチックの一種といういうことから、シンプルに「PLAGLA(プラグラ)」という名前になったそうです。

「最初はそのままPLAGLASSES(プラグラッシーズ)と名付けたんですけど、プロジェクトとして進めていくうちに気が付いたら自分含めメンバーもPLAGLA(プラグラ)と略して呼ぶようになっていました。
語感がフレンドリーだし呼びやすいから、ブランド名もPLAGLAにしちゃおうか!というような流れで「PLAGLA」という名前になりました。」

「『プラスチック=悪いもの』と一方的に決めつけたり、煽るような発信はしないようにしたいと思っています。
もちろん、たくさんの弊害が起きているのは承知ですが、今の生活を便利で豊かにしてくれたものという事実があるから、そこをしっかりと受け入れたうえでブランドとして発信していきたい。
だからあえてブランド名に“プラ”の文字を入れ、かつフレンドリーな響きのネーミングにしました。
きっと、ゼロにはできないだろうし切っても切れない関係なら、どうやったらもっと良い付き合いができるかな?というポジティブ考え方でブランドを広めていきたいです。」とPLAGLAの柾木さんは語ります。

夏に向けてサングラス用のレンズも準備しているそう♪
「PLAGLA公式サイトでは、商品情報やイベント、インタビュー記事など、最新情報を随時更新していきますのでどうぞサイトをご覧ください!」とのメッセージ

メガネもサステナブルなリサイクル素材を選べるようになってきたのは嬉しいですね^^
「老眼鏡」か「ブルーライトカットレンズ(度なし)」で価格は税込¥6,490から販売。

日ごろメガネにお世話になっている方も多いのでは。
お出かけにも オフィスカジュアルにも活躍してくれるPLAGLAのメガネ
エシカルなメガネで日常のおしゃれを楽しんでみるのはいかがでしょうか♪

PLAGLA公式オンラインショップ

(値段等は2021年4月掲載時の情報です)


食探訪人ふくちゃん

料理を作ること、食べることが好きな「キチラブ」サポーター第1期生。週1回、横浜の農家さんの畑で援農(ベジサポ)の土いじりでリフレッシュ。家で時々、自家製酵母を使って焙煎した米ぬか(ライスブラン)が入ったパンを焼く。米ぬかを使いこなしたいとレシピ開拓中。ビートルズ、ジャズやボサノバなどが好きな音楽と食の探訪人。

関連する記事