• キッチンから消費者と地球をつなぐ情報誌 Kitchen Love the Earth(キチラブ)

  1. ホーム >
  2. 連載 > “おいしいドラマ”は、第1話でだいたいわかる >
  3. ゲキカラ料理完食の達成感=主人公の成長。 今期イチ熱くて辛い・・・
  • 1話観ただけでドラマの良し悪しを判断する思い上がりライター・板倉の「キチラブ」的ドラマレビュー。
2021.02.12

ゲキカラ料理完食の達成感=主人公の成長。 今期イチ熱くて辛いドラマ!

  • “おいしいドラマ”は、第1話でだいたいわかる

  • シェア

Vol.1「ドラマホリック!『ゲキカラドウ』」

イマドキの若者はテレビを観ない、な〜んて言われておりますが、巣ごもり生活が長引く今、テレビはオワコンにしてしまうのはもったいないアイテムです。バラエティで笑って過ごすのもいいけれど、ハマリ度が高いのは何と言ってもドラマ! 2021年も多数のドラマがスタートしました。どれを見ればいいのやら? 簡単です! とりあえず、片っぱしから第1話を見ちゃえばいいんです。第1話にはそのドラマの面白要素が全部詰まっているはず。えっ? それでも多いって? しょうがない。それじゃあこのコーナーで毎回、噛めば噛むほど味の出る“おいしいドラマ=面白ドラマ”を紹介しちゃいましょう! 

ゲキカラ料理に人生を学ぶ!

料理にいろんな味があるように、ドラマもいろんなジャンルがありますが、まずはキチラブ的にはグルメドラマを紹介したいところ。今シーズンイチオシのグルメドラマと言えばこれでしょう。その名も「ゲキカラドウ」。「孤独のグルメ」や「きのう何食べた?」など、数々のグルメドラマを放送してきたテレビ東京が、またまた放つ深夜に胃袋を直撃するドラマです!

主人公・猿川健太は飲料メーカーの営業で、大阪から東京支社・営業促進室への移動となります。そこは室長はじめ社員が大の激辛料理好き。契約を取りに行く相手先を激辛度数で示すほど。猿川の転任祝いの歓迎会を始め、何かにつけて激辛料理を食べることになる猿川。最初はなんでこんな辛いだけの料理を食べるんだろうと思う猿川でしたが、徐々に激辛料理には辛いだけではなく、奥深い何かがあることに気づきます。そして、そこから彼は仕事の難局を乗り越えるヒントを得て、毎回契約を取っていくというのが基本ストーリー。第1話にして、そこまでのフォーマットが描かれるので、安心して激辛料理を通じて成長していく営業マンの姿を楽しめばいいんです。 

出演者の本気ぶりは汗でわかる!

主人公の猿川に扮するのはジャニーズWESTの桐山照史。ネイティブな関西弁が激辛料理を克服していく姿と合間ってやり手の営業マンに説得力を持たせています。それは食べている時の汗にもあらわれています。彼はその激辛料理が辛いだけでなく旨味があることに気づいた時、上着を脱ぎます。そこから本気度のスイッチが入るのです。

それにしても桐山クンに限らず、毎回登場する激辛料理を食べるシーンに、キャストの皆さんはかなり苦労しているだろうなぁと思います。出てくる激辛料理は実際にあるお店の料理。だから、実は撮影時はあまり辛く無い味付けのものを用意している、なんていう「ドラマあるある」もこれに関しては無いんじゃないでしょうか。ホントは一口食べるのも大変なのに美味しそうにバクバク食べなければいけないし。でも、バラエティの罰ゲーム的な辛さにやられるというところは皆無。思い切り辛そうでありながら、すごく美味しそうに見えるのはさすがです。ただ、残念なのはお店情報が出ないところ。店の名前くらいは画面に映るのですが、できれば「孤独のグルメ」のように地図や定休日などのお店情報も出してくれたら良かったのにと思いました。そしたら、実際に挑戦しに行けたのに〜。

他のドラマも激辛料理に注目している!

激辛料理は見た目もインパクト大なので、ドラマ向きと言えるでしょう。今期スタートしたフジテレビの「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」でも、中学校内に常駐することになった警察官の行動に翻弄される中学教師(真木よう子)が、ストレス解消のために激辛料理「鬼殺し(!)」を食べるシーンがあります。第1話を観た時点で、毎回彼女はここへ来てストレスを発散したり、悩みを打ち明けたりするんだろうなぁと想像できます。そう、激辛料理を食べることには、自分に喝を入れたり、まるでひと風呂浴びたように気持ちをスッキリさせたりする効果もあるようです。

「ゲキカラドウ」では、さらに激辛料理を人生に例えているセリフも満載。第1話のラストで、室長は猿川に言います。「辛(カラ)い」という字は「ツライ」とも読む。しかし、一本(線を)足せば「幸せ」になるんだ。激辛料理にこんな奥深さがあったなんて! まさに激辛料理を通して人生を学ぼうという壮大なドラマなのです。

毎回違う激辛料理が出てくるのも見もので、第1話の「ラーメン」に痺れたら、第2話「焼肉」、第3話「麻婆豆腐」とどんどん深みにハマっていきそうです。次は何だろうと楽しみになります。あ〜、思い出しただけで生唾が……。翌日は激辛料理店に駆け込もうと考え、早く寝たいのに刺激が強すぎて目が冴えてしまうなんていう人も続出では? 深夜にこんなグルメドラマは危険です〜。

【作品データ】

ドラマホリック!「ゲキカラドウ」 

毎週水曜 深夜0時12分〜0時52分

監督:柴田啓佑ほか 脚本:吉本昌弘ほか

出演:桐山照史、泉里香、中村嶺亜、森田甘路、前川泰之、平田満

主題歌:ジャニーズWEST「週刊うまくいく曜日」

制作:テレビ東京/ジェイ・ストーム/The icon  ©「ゲキカラドウ」製作委員会

公式サイト https://www.tv-tokyo.co.jp/gekikaradou/

 

ドラマウォッチャー:板倉京一/プロフィール

新ドラマの第1話はとりあえず観ないと落ち着かない。週に20本以上のドラマを観ている。

関連する記事