• キッチンから消費者と地球をつなぐ情報誌 Kitchen Love the Earth(キチラブ)

  1. ホーム >
  2. 連載 > Kitchen Love the Cinema >
  3. 80年代の中学を舞台に、 給食愛で闘う教師と教え子!
  • 本職を圧迫するほど映画鑑賞に没頭する映画ライター・板倉が、「キチラブ」的映画をご紹介。
2020.12.27

80年代の中学を舞台に、 給食愛で闘う教師と教え子!

  • Kitchen Love the Cinema Vol.5

  • シェア

Vol.5「劇場版 おいしい給食 Final Battle」

80年代の給食あるある満載!

リアル飲み会だけでなく、オンライン飲み会でも必ず盛り上がるのが給食ネタ。同世代なら「それあったー」とか「うちはこんなだった」などのあるあるで盛り上がり、年が離れていたらメニューの違いにビックリ。そんな誰もが馴染み深い給食を題材にした映画がこれ。1980年代の中学校を舞台に、給食マニアの教師とその教え子が「どちらが給食を美味しく食べるか」で競う学園グルメコメディ。給食をさらに美味しく食べようと工夫する姿は、キチラブのアレンジレシピさながらです!

そして、何と言っても80年代の給食ってところがツボ! どんな料理にも付いてくるビン牛乳、銀のアルミ食器、給食のおばさんの愛が詰まって料理の数々! 懐かしい人も知らない人も思わずニンマリする給食ムービー! 

給食愛に溢れる市原隼人主演のコメディ!

主人公の中学教師を演じるのは市原隼人。2枚目俳優の彼がこんなキモかわいいぶっ飛んだ役を演じるとは! 彼が給食を食べるシーンは「孤独のグルメ」さながらに、食べる順番や食べ方へのこだわりがモノローグで語られる。これがめっちゃ可笑しい!

この日のメニューは、けんちん汁と鯨肉のオーロラソースがけ。それにソフト麺が付いていて、けんちん汁に入れて食べるというもの。主人公がライバル視する給食マニアの教え子の食べ方は、まるでキチラブ得意のアレンジレシピ。ソフト麺をほぐさないままスプーンでカットして、鯨肉やけんちん汁の具材を載せ、さながら一人パーティー! 本当に美味しいかは疑問ですが(笑)ちょっとでも給食を美味しく食べようという給食愛には脱帽です。

他にもミルメークコーヒー、レーズンパン、ぶどう豆など、懐かしく、かつ、目新しいメニューが続々登場。

物語は給食を廃止しようとする教育委員会(演じるはドラマ金八先生の加藤こと直江喜一)が出てきたり、同僚の女教師(演じるは深夜ドラマの女王武田玲奈)との恋バナもあり…。給食廃止の理由が子供が増えたからというのは、少子化が社会問題になっている今から考えると逆に羨ましいくらい。そんな時代もあったんですね〜。教育委員会からのお達しに主人公が取る行動は!? そして、最後はまさかの涙腺崩壊!

本作はテレビドラマとして2019年に始まり(全10話)、2020年、満を持しての映画化! ところが、コロナによる自粛と重なって不遇の公開となってしまいました。その後、ブルーレイ&DVD化もされ、動画配信もされています。こんなに楽しい映画を見逃すのはもったいない。家族で観れば、それぞれの給食の思い出話で盛り上がること間違いなし!

作品データ

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』

DVD ¥5,170円(税込)    Blu-ray ¥6,270円(税込)  発売中

発売:「おいしい給食」製作委員会 販売:アメイジングD.C.

監督:綾部真弥    脚本:綾部真弥 永森裕二
出演:市原隼人、武田玲奈、佐藤大志、直江喜一
公式サイトhttps://oishi-kyushoku.com/  ©2020「おいしい給食」製作委員会

映画ライター:板倉京一/これまで映画館で観た映画約5000本。

「鬼滅の刃」ブームはどこまで続くのか! 映画館にこんなにも人が詰めかけるなんて(涙)

関連する記事