• キッチンから消費者と地球をつなぐ情報誌 Kitchen Love the Earth(キチラブ)

  1. ホーム >
  2. 連載 > キチラブスタッフ女史のはみ出しブロク >
  3. アレンジ大好きワーママの「今日も特急ごはん」Vol.1 イン・・・
アレンジいりこラーメン
2020.11.4

アレンジ大好きワーママの「今日も特急ごはん」Vol.1 インスタントラーメン:前編

  • キチラブスタッフ女史のはみ出しブロク

  • シェア

インスタントラーメンを特急アレンジ。ごはんを炊き忘れた、ワーママのピンチを救う。

こんにちは。「キチラブ」のサイトを運営する、OVJ(オーガニックヴィレッジジャパン)事務局スタッフのみゃーママ、小学3年生と2歳の2児の母です。

ワーママの気力・体力を奪う痛恨のミス。

それは、ごはんの炊き忘れ。私、月に1度はやらかしちゃいます。

そんな時に役立つのは、みんな大好きインスタントラーメン。

わが家では場所をとらない袋タイプを何種類かストックして、愛用しています。

はっきりいって、インスタントラーメンにはナチュラルとか体にいいとか、ハナから期待してないし、みんなほぼ諦めてますよね。

時間はない。手間はかけたくない。でも、夫はともかく子どもには、できるだけまともなごはんを食べさせたい。

これ、ワーママみんなの本音だと思います。

時短すぎる煮込みラーメン風アレンジ。「飲み干せる」クオリティのスープがすごい。

ワーママ歴9年の私のお気に入りはこちら。


●純正食品マルシマ 瀬戸内いりこラーメン メーカー希望小売価格218円(税込)

パッケージ写真にはいろんな具がのっていますが、特急アレンジでは、小松菜をゆでたり、煮卵を作ったりといった、別添えの具は高嶺の花。メンマなんかも欲しいけど、冷蔵庫には常備していないので、潔くあきらめます。

鍋は1つ、ゼッタイ!これ鉄則。

できればざるもボウルも使いたくない。

となれば、煮込みましょう。

鍋にお湯をわかして、麵を投入。

【アレンジその①】

主役はワンタン。子どもが好きなので、ワンタンは冷凍庫に常備してあります。ラーメンだけでなく、スープに具が足りない時にも使える、お役立ちアイテム。

そしてこれまた子どもが大好き、冷凍コーン。にんじんの千切りとざくざく切ったほうれんそうも加えて。

これらを麵と同じタイミングで加え、一緒に煮込んでしまいます。

白、赤、黄色、グリーン。これだけ色がそろえば、他のおかずはなくてもOKな気がしてきます。色って大事!

【アレンジその②】

たぬきラーメン。

メインは「揚げ玉」。いわゆる天かすですが、市販の小エビなどが入ったタイプがおすすめ。うどんにはもちろん、わが家ではラーメンにも入れちゃいます。これでコクと旨味が数倍アップ。ここに合わせるのが卵、ネギ、そしておろし生姜。生姜は意外だと思いますが、すっごく合いますよ!

麵がゆであがる少し前にスープを入れたら、卵とネギを投入。卵が半熟状態になったところで、揚げ玉と生姜をin。

超簡単だけど、ほどよいジャンク感があり、子どもがテンションアップするアレンジメニューです。

2歳児もスープをすべて飲み干します。

この商品が他と違うところは、何と言ってもスープの美味しさです。

「どんだけいりこ使ってるの?」と思うほど旨味がしっかりあるのに、後味はすっきり。

インスタントラーメンによくある舌に残る感じ。アレがありません。

添付のスープの袋を見てみると、銀色に輝くキラキラとしたいりこの「かけら」が確認できるのが、ちゃんと作ってる感じがして好印象。

有機の醤油とオリーブオイル使用。

実際に食べてみて、オリーブオイル感はないけど、なんかイイではないですか。

これからの季節、白菜なんかの野菜やしいたけ類。冷蔵庫の中にあるものを入れちゃって、だいたい大丈夫。

スープの美味しさが、どんな具でもしっかり受け止めてくれます。

「飲み干せる」クオリティのスープ。

これは正直、1食100円以下のインスタントラーメンでは無理。

お値段の差は、ここにあるんだと思う。

時間があるときバージョンはこんな感じ。

煮卵、ゆでた小松菜、メンマ、ねぎ、海苔など定番の具を添えて。

もちろん煮込みアレンジでなくても、美味しくいただけます。

●純正食品マルシマ

瀬戸内いりこラーメン

アレンジ大好きワーママの「今日も特急ごはん」第1回目はここまで! 

いかがでしたか? 

次回も、同じ純正食品マルシマさんから発売されているインスタントラーメンをもう1品ご紹介。

今度はちょっと大人向けのアレンジレシピです。お楽しみに!

アレンジ大好きワーママの「今日も特急ごはん」Vol.2 インスタントラーメン:後編

みゃーママ
「キチラブ」のサイトを運営する、OVJ(オーガニックヴィレッジジャパン)事務局スタッフ。小学3年生と2歳の2児の母。仕事をしながらのワンオペ子育てで、毎日のごはんのしたくは超バタバタ。力尽きない程度に頑張る、が、モットー。

関連する記事